正則学園における理事長挨拶儀式のストライキについての経過報告です。

 一昨日より、正則学園高校における理事長挨拶儀式のストライキについて、私学教員ユニオンへ多数のお問い合わせ・取材依頼等をいただいております。多くの方々にご関心を持っていただけていること、感謝しております。

一昨日から現在(1月9日17時)までの経緯は、下記の通りとなりますので、ご参照ください。

1月7日(月)午前7時半頃

私学教員ユニオンは学校法人正則学園に団体交渉の申し入れとストライキ通告。理事長は早朝挨拶儀式は強制でないと主張したうえ、長時間労働の事実もないと主張。

1月8日(火)午前6時半~

私学教員ユニオンは早朝の理事長挨拶儀式をストライキ。また、学校前で生徒が登校するまでの間、チラシ配布・横断幕掲揚などの宣伝活動。

1月9日(水)午前6時半~

私学教員ユニオンは早朝の理事長挨拶儀式をストライキ。

1月10日(木)以降

学校法人正則学園から早朝の理事長挨拶儀式を廃止すると正式に回答があるまでは、ストライキを継続予定。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です