1/19(土),1/22(火) に、私学教員労働相談ホットラインを開催します!

  今月、正則学園高校や京華商業高校における、長時間労働、残業代不払い、非正規雇用の雇い止め等の問題が報道されました。また、2つの学校では、「ストライキ」も実施され、大きな共感と社会的注目が集まっています。

このような取り組みにより、私立業界全体に労働基準法違反等のブラックな労働環境が蔓延していることが認知されてきていると思います。私たちへも多く相談が寄せられ、一緒に改善を準備している職場も増えてきました。

多くの専任教諭は、慢性的に長時間労働・サービス残業を強いられています。仕事は、授業だけでなく、授業準備、部活動、保護者対応など多岐にわたりますが、残業代は支払われないという現状があります。

非正規教員は、不当な雇止めや無期転換の拒否などに遭うことが多くあり、安心して働けないという状況があります。 また、非常勤講師であれば、1コマでいくらという給与体系になっており授業時間以外の賃金が支払われていない、理不尽な雇い止めなどの違法行為も蔓延しています。

私学教員ユニオンでは、専任・常勤・非常勤といった雇用形態を問わず、無料で労働相談を受け付けています。 このたび、下記の日程で、私立学校で働く教員を対象とした労働相談ホットラインを実施するので、ぜひご相談ください。

私学教員 労働相談ホットライン

1月19日(土)13:00~17:00

1月22日(火)17:00~21:00

電話番号 0120-333-774(通話無料)

※相談無料・電話無料・秘密厳守

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です