【成女学園】離職票、健康保険、傷病手当金の手続き遅延の嫌がらせ

成女学園とは、1回団体交渉をしただけで、その後は団体交渉を申し入れても拒否されてしまっています。

これは、労働組合法違反ですし、反論があるならば正式に交渉の場ですれば良いと思うのですが、逃げ回っているのは、やましいことがあるからと私たちは推察せざるを得ません。

【成女学園】セクハラの概念を知らず防止対策もない女子校

このままでは、生徒や保護者の不信感もさらに高まってしまいます。

その上で、学校は、この間、退職した当事者への様々な手続きを遅らせるという嫌がらせをしてきています。

それによって、生活費が無くなったり、雇用保険が受給できなかったり、精神疾患の治療をするために病院に行けないなどの大きな不利益を生んでいます。

教育機関としての資質を疑わせるような非人間的な対応を速やかにやめるべきです。

♦離職票、健康保険の資格喪失が発行されない

10月7日の第一回団体交渉にて会社都合退職が認められず、離職票は自己都合退職の形で処理してもらうことになりました。
しかし、離職票をなかなか発効してもらえませんでした。

また、何度も求めているにも関わらず離職してから2ヶ月経った今も健康保険の資格喪失証明書を発効してもらせません。そもそも任意継続をしたかったのですが、期間内に処理してもらえず対象から外れました。

11/8に私へ送付したと学校の事務局は申しておりましたが、1週間経っても届きません。追って連絡をすると、再送付するとのことでした。しかしそこに資格喪失証明書は入っておらず、まだ時間がかかるとのことでした。

退職をして2ヶ月です。どうして必要な書類処理をなぜこんなにも長引かせて生活を脅かしてくるのでしょうか。

♦傷病手当の申請を遅らせる嫌がらせ

法律の遵守されていない現場、休みがとれずセクハラもされ、体調を崩し離職になりました。そのため私学共済の傷病手当を申請しています。
10月に9月分の傷病手当を学校へ申請しました。傷病手当は自分と医者が記入した紙を学校に送り、学校が必要事項を記載し私学協会に送るものです。10月に申請したにも関わらず、11/16に書類不備があるから申請できないと学校から言われました。しかも、原本は送り返されず最初から書き直しをとのことでした。また病院に行き一から書いてもらわなくてはいけません。なぜ9月分の申請の不備を今になって言われるのでしょうか。意図的に申請を遅らせる嫌がらせとしか考えられません。

団体交渉を拒否した上、然るべき支払いもしてもらえず謝罪もなし。その上生活に関わる書類に関し手続きを送らせる等の嫌がらせを繰り返すのはひどすぎます。
起きてしまった問題をなかったことにするのではなく、法律に則りしっかり対応してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です