【鴨川令徳高校(旧・文理開成高校)】理不尽な非常勤講師の切り捨てをやめてください!

昨年度から団体交渉を重ねてきた文理開成高校は、本日より学校法人令徳学園鴨川令徳高校(https://reitoku.ed.jp/)に改称しました。

未払い残業代やパワハラ問題については解消しましたが、非常勤講師のCさんに対して雇い止めを通告する報復的な態度を取ってきたことは先にブログでお伝えした通りです。

結局、問題を解決する姿勢も見せないまま鴨川令徳高校は新たな門出を迎えることになりました。

和田公人理事長兼校長は、来年度の採用面接でCさんに対してことごとくスキルがないと頭ごなしに否定してきました。
前理事長兼校長のような暴言こそないものの団体交渉ではなく採用面接という場であれば何でも言っていいと思っているようです。

学校名こそ変わりますが、経営者は変わりませんので学校の体質は旧態依然のままです。
鴨川令徳高校はこれからも非正規教員を容赦なく切り捨てるずさんな経営を続けていくことでしょう。

生徒・保護者のためにも、根本的な考え方を変えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です