【小松原学園】非正規雇用教員の待遇差別、一方的な労働条件の変更、残業代不払い等をめぐる戦いが解決しました!

昨年8月から、埼玉県にある小松原学園(http://www.eimei-urawareimei.ac.jp/)で働いていた非正規雇用教員(常勤講師)が、私学教員ユニオンに加入し団体交渉をしていました。

交渉事項は、一方的な労働条件の変更、長時間労働、残業代不払い、待遇差別(同一労働同一賃金)、求人表示の問題をめぐって、団体交渉をしていました。

事件概要は、以下をご参照ください。

【小松原学園】一方的な労働条件の変更、長時間労働、残業代不払い、非正規教員差別等

団体交渉では、時間外労働があったことや、専任と常勤講師が同一労働をしていたことを認める発言などが学校からありました。

そして、粘り強い交渉の結果、今年の1月末に、無事、納得する水準での円満解決をすることができました。

応援いただいた方は、どうもありがとうございました。

小松原学園が、一方的な労働条件の変更、長時間労働、残業代不払い、同一労働同一賃金、求人と実態が違うといった問題がない、良い労働環境になることを期待しています。

もし、私学で働いている方で、上記のような問題を抱えている方はご相談ください。一緒に改善をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です